Webデザイナーというお仕事

Webデザイナーというお仕事を耳にしたことはありませんか。
Webデザイナーは、インターネットの普及に伴い、急速に需要を伸ばしてきた職業です。


いまや日本のインターネット人口は、90パーセント前後を推移しており、今後もその需要は伸びていくと予想されています。



私たちが普段利用しているインターネットですが、さまざまな用途があると思います。

ちょっとした調べものをしたりする方もいらっしゃるでしょうし、インターネットでお買い物をされる方も多いでしょう。

しかし、インターネットを利用していますと、実にいろいろなホームページを見かけることでしょう。



実は、Webデザイナーとは、そのホームページを作成するお仕事なのです。


インターネットのホームページには、魅力のあるホームページと、そうでないホームページが存在します。ホームページの作成は、個人でも行うことができますが、プロに作成を依頼することもできます。
プロが作成したホームページというものは、たとえばデザインであったり、機能であったり、使い勝手が良かったりと、やはりプロの作成したホームページというものは非常に良くできています。

Webデザイナーの仕事は、まずはクライアントとの打ち合わせから始まります。


クライアントから、どのようなホームページを作って欲しいのかを徹底的にヒアリングします。



この作業が最も重要といえるでしょう。

ヒアリングがいい加減であったりすると、今後の作業にも影響してきます。